大阪市では、観光客急増による宿泊施設不足解消のため、民泊と民泊運営代行サービスが注目されています。

HOME>オススメ情報>大阪市、急速に国際化が進む大都市で求められる、フレキシブルな宿泊施設

うっかり赤字になってしまわないように

指をさす男性

民泊運営代行サービスとは、物件オーナーが、民泊運営のノウハウがほとんどない状態でもすぐに開業・運営できるようアシストする業者です。大阪市における民泊市場の拡大に伴い、サービス内容の多様化も進んでいます。民泊は、物件のタイプにより運営方法を変えていく必要があります。大きな収益が見込める場合は、「丸投げ」することも可能ですが、代行手数料を最小限に抑えたい場合は、「部分委託」で自分の運営力とプロによる代行サービスのバランスをとり、黒字経営にもっていく必要があります。また、運営代行会社とうまくいかず契約を停止する場合、代行サービス解約の違約金が発生することがあるので、契約を結ぶ前に、しっかりと条件を理解しておく必要があります。

ぴったりの相棒とカスタマイズ運営

パソコンを操作する人

大阪市における民泊運営代行サービスには、完全代行と基本代行や部分代行というタイプがあります。完全代行は、代行業者に全てを任せるので簡単で安心ですが、代行手数料が高く、利益が低くなるリスクを伴います。基本代行の場合、代行手数料が最小限ですむ代わりに、大半の業務をオーナー自身で管理せねばなりません。部分代行は、宿泊客との外国語での連絡を手伝ってくれるものや、清掃のみのサービスなどがあります。代行手数料にも、月額制や成果報酬タイプがあり、大きな収益が見込めるなら月額で完全代行、コンパクト経営なら自分で収支バランスを取りながら、部分代行と成果報酬制を組み合わせることが、失敗しない民泊運営のコツです。

ハイブリッド型でニーズの変化に対応しよう

スーツの女性

大阪市には、市が独自に定めた民泊の条例やルールがあります。自分の物件や経営プランが、市が定めた規則に沿っているかどうか、事前に確認することが大事です。国内でも、大阪市は特に外国からの観光客が急増しており、宿泊施設業界も対応に追われています。対策として、民泊市場の拡大が望まれており、出来るだけ簡単に参入できるよう規則の改正もされ、サポートのための運営代行サービスも増えています。同時に、民泊は、大阪市の空き室対策にもなると考えられています。賃貸物件オーナーが、借り手が見つかるまでの間、宿泊施設として活用することを「ハイブリッド型民泊」と呼び、更なる民泊市場の発展と多様化に期待が寄せられています。